ももるるの韓国ドラマレビュー

大好きな韓国ドラマの感想を自由気ままに書いています※ネタバレあり※

韓国ドラマ「ザ・キング:永遠の君主」(2020)の感想

ザ・キング:永遠の君主

 

韓国語で「The King」は「더킹=ド キン」なんだってことにまず驚いたwなかなかパンチのあるタイトル!

 

このドラマを見終えた感想は、まず、「なっがーーーーーい!」16話だと思って油断してたら、1話70分以上もあって…そんなの聞いてなかったwいやしかし、このドラマ、めっちゃお金かかってるし、一見の価値はあるスケールのデカい作品です!

 

「青い海の伝説」の感想でも書いたけど、私、イ・ミンホがちょっと苦手で…でも予告編を見たら、すご~く引き込まれちゃってw

パラレルワールドっていう設定が斬新だし、映像も凝ってて綺麗だったので、張り切って視聴しました~!結果、やっぱ見て良かったw

 

 

まず、あらすじはこちら。

テコンドー道場の娘で警部補のチョン・テウル(キム・ゴウン)。彼女はある日ソウルの街中で白馬に乗った男(イ・ミンホ)を発見した。

 

その男は併存する別世界大韓帝国から来た皇帝イ・ゴンだと言う。そしてゴンは何故かテウルの顔と名前を知っていた。

 

ゴンは25年前、当時の皇帝であった父を叔父イ・リムの謀反により殺され、自身も深手を負った。その時、ゴンを助けた謎の人物がテウルのIDカードを落としていったのだ。

 

彼の話が信じられないテウルだが、成り行きで彼の面倒を見るうちその存在が気になり始めるのだった…

 

一方、謀反を起こして逃げたリムは、2つの世界に同じ顔の人間が存在することを利用し、自らの死を偽装。リムは、ゴンと分かち持っている世界の扉を開くための笛を取り返し2つの世界を支配しようと、再びゴンの命を狙っているのだった。

 

リムの陰謀により均衡を崩し始めた2つの世界…ゴンとテウルは2つの世界を守れるのか!?2つの世界を行き来する異次元ラブロマンスです。

 

あらすじからも分かるようにこのドラマ、ちょっと難しいですwファンタジーあるあるだけど設定の理解がムズカシイ。私の分かる範囲で説明すると…

 

まずこのドラマの世界はパラレルワールド!それは、今いる宇宙と同じ次元にあって並行して存在する別の世界のこと。並行世界、並行宇宙とも呼ばれていて、物理学的にも存在の可能性が語られる世界なんだって~。

 

このドラマは、並行して存在している「大韓民国」と「大韓帝国」という2つのパラレルワールドを行ったり来たりするお話なの。パラレルワールドの話も若干難しいんだけれど、このドラマの問題はここからでw世界が2つあるから、見ててめちゃくちゃ迷子になるのよ。

 

てゆうか多分これ、韓国人なら簡単に分かるのかも。と言うのも、例えばね、街のシンボルやニックネーム、路線名とか、車のナンバープレートとか、パトカーの柄とか、あとは国旗の模様とかが、「大韓帝国」のものと「大韓民国」(つまりリアルな韓国)のもとは違くなってるの。

 

だから背景とかを見れば、韓国人ならどっちが「大韓帝国」でどっちが「大韓民国」なのか簡単に分かりそうなんだけど…いやしかし私は日本人…韓国のそれを知らないので、どっちがどっちの国か分からず迷子よ~wしかも同じ顔の人が両方の世界にいるというドッペルゲンガー的トラップw

 

背景や言葉尻とかから、今がどっちの世界なのかな~?って一生懸命考えながら見るしかなかったw(視聴には若干の根性が必要)

 

そして更に問題があってw多分13話くらいでね、一旦話がほぼ終わりになってて、13話で終わっちゃったら14~16話まで何を放送するの~!?って思ってたら…ここからのまさかの展開が更に複雑になるというパターン!!w

 

14話以降は二つの世界だけじゃなく、二つの時間…つまり時間軸までズレ始めるんだああああぁ!!!

 

あげく長めの回想シーンも入ってきて…ちょ、ちょっと待って!今がどの世界のどの時期なの!?私の脳内は噴火寸前~wもう出てくる人出てくる人「アナタどっちの誰?」て感じで。

 

もっと言うとさ、ゴンって賢いが故に、考えてることをあんまり言葉にはしてくれないのよ~。さらにさらに、登場人物みんな賢いもんだから、ゴンが1言えば10分かっちゃうもので、ゴンがちょっと何か言っただけで、先の先の意図まで読んで行動するのよ。だから登場人物の行動に対する説明が少ないっ!!

 

誰が、いつ、どの世界で、何の目的で、何をしているのか…!?

これ、めっちゃ想像力が試されるドラマじゃん~w

 

そんなわけでアホな私はストーリーに置いて行かれた…(ぴえん)なんとか最後まで粘って見たけど、結局わかんなかったことがいっぱいあってさ…ちょっとここで発表していいかな…?

 

(※以下ネタバレ強め&めっちゃ長いので小文字で控えめに書きます…)

(1)ゴンってさ、25年前にテウルに命を助けられたと思ってたからテウルのこと好きだったんじゃないの?光成門で出会った時、やっと出会えた的なこと言って抱きしめてたよね?もうあの時点で好きそうだったよね??なのに助けたのがテウルじゃなくて自分自身だったって気が付いて…あれ?じゃあなんでテウル好きなの?って疑問に思ったんだけど…

 

(2)最後にイ・リムを倒しに行くぞーおりゃ~!ってなったときに、一緒に行くと帰れないかもしれないから付いてくるなって話だったけどさ。なんで帰れないって思ってたの?(実際帰れたし…)

 

(3)終盤、イ・リムって25年前の謀反を起こす直前の自分に会いに行って、自分に殺されたじゃん?てことは、現在の時間にイ・リムはいないってことじゃないの?普通にいたんだけど…なぜ?イ・リムが笛を奪って逃げたから歴史が変わったってことなのか!?んんんん?( ,,`・ω・´)ンンン?でもその未来だとゴンに殺されるから結局リムは現在にいない気がするんだが…

 

(4)2つの世界はパラレルワールドだから、生年月日も同じって言ってたけど。寿命は違ってていいの?(殺された場合は別なんだろうけど)寿命が違うと、子が生まれたり生まれなかったりして未来が変わる気が…というか、ルナが余命僅かだったから、絶対テウルももうすぐ死ぬフラグ!?って思ったんだけど違…

 

(5)ゴンがテウルを探すため色んな世界の扉を開けてたとき、大韓帝国にゴンはずっと不在だったの?それとも未来が変わったからいるの?ああそれだともう戻る場所ないけど…つーかまじでわっかんないwwww

 

(6)1994年に助けたヨンを元の世界にどうやって戻したの?なぜヨンの記憶は消えないの?そもそも、テウルがどの扉にいるか分かんないのに、元の世界の扉をどうやって見つけたんだ? あ。とりあえず以上ですw

 

制作時にファクトチェックみたいのしてるだろうので、単に私の理解不足なんだろうけどね…

 

あ、さてさて、苦手意識のあったミンホ氏ですが、このドラマのゴン役はゆっくりと喋る落ち着いた役なので特に嫌じゃなかったかもw(失礼なこと言ってすみません~)

 

愛馬マキシマスに乗る皇帝イ・ゴン


大人しそうなミンホなら大丈夫w私たぶん濃くてグイグイ来る人がダメなのかも。んでも、キスシーンとかは若干うわぁってなっちゃったけど…w

 

 

キム・ゴウンは予想通り良かった。戦う女の役だったからアクションもしっかりあったし、(テコンドーも披露してた)男の助けに頼らない生き様がカッコ良かった!

 

自分で自分を守れるカッコイイ役だよ

 

 

ただ、出演者の中で一番目を引いたのは、なんといってもヨン役とウンソプ役を演じてたウ・ドファンだよね~!これはもう文句なしじゃないかな~!

 

パラレルワールドなので、1人2役を演じる人が多かったこのドラマだけど…ドファンが演じた2人はキャラが全く違ってて凄かった!

 

こっちが皇帝を守る近衛隊長のヨン様



こっちが警察署のみんなに可愛がられてるウンソプ君

 

同じ顔には思えないくらい性格が正反対の2人なんだけど、どっちも魅力的で好きなキャラ!どっちがいいかなんて選べないw(てゆうかウンソプは訛ってて何喋ってるんのかほぼ聞き取れずw)ドファンすごく気になってるので、今度「私の国」を見てみようかなと思ってる~。

 

 

というわけで、さんざん迷子になってた私が言うのもどうかと思うけど…w

このドラマ、白馬に乗った皇帝が登場するとか王子様要素が盛沢山だし、映像も美術もかなり凝ってるし、パラレルワールドとか立憲君主制の設定も面白くて、とても見ごたえのあるドラマです。

 

理解力の自信のある人は勿論のこと、理解力に自信のない人もたとえ迷子になってもそれなりに楽しめるドラマなのでぜひ一度ご覧あれ~w

 

ただ結末は…ちょっと微妙かな?結ばれたのか結ばれてないのか?皇帝なのに子供残さないのか?事実婚週末婚!?w

 

総合評価83点 (スペクタクル級の迷子になったドラマ)

 

 

momoruru.hatenablog.com

 

momoruru.hatenablog.com